鹿児島県よろず支援拠点 公式ブログ

中小企業庁
ご相談は無料です。お気軽にご予約ください。

|
鹿児島県よろず支援拠点では,県内中小企業・小規模事業者向けにビジネスに役立つ少人数制のミニセミナーを実施しています!
今月も新型コロナウイルス対策として,WEB会議アプリ「ZOOM(ズーム)」を使用したオンラインセミナーを下記のとおり開催しますので,興味のある方は是非ともご参加ください。

 6月ビジネスモデルには~セミナー(チーフ)

◆セミナー①
ビジネスモデルには共通の特徴「逆説の構造」セミナー
〜ビジネスモデル(仕組み)発想法〜
1.他社のビジネスモデルを知る
2.マインドマップ発想
3.アイデアしりとり
4.アイデア創出法
日時:6月23日(火)
10:30~11:30(60分) 
講師:チーフコーディネーター
森友 伸和 



6月IT導入補助金活用セミナー(向江CO)

◆セミナー②
中小企業診断士が教える
IT導入補助金活用セミナー
日時:6月23日(火)
14:00~15:00(60分)
講師:コーディネーター 
向江 隆行 




6月マーケティングセミナー(寶園CO)

◆セミナー③
今必要なマーケティングセミナー
人の心をつかむ営業〜効率より想い〜
1.市場調査の仕方
(誰がお金を払ってくれるのか)
2.広報戦略
(誰にどのように伝えるべきか)
3.販売(実践・テストマーケティング) 日時:6月24日(水)
10:30~11:30(60分) 
講師:コーディネーター
寳園 純一 



6月資金調達による経営改善セミナー(川原CO)

◆セミナー④
資金調達による経営改善!!セミナー
〜新型コロナウイルスの影響をのりきるための資金繰り策とは〜
1.コロナ打開策関連の資金概要
2.各種給付金の概要
3.経営を維持するためのお金のまわし方
日時:6月24日(水)
14:00~15:00(60分) 
講師:コーディネーター 
川原 新一郎

 

6月インスタセミナー(満留CO)

◆セミナー⑤
インスタセミナー初級編 ~めざせ100人フォロワー~
日時:6月25日(木)
14:00~15:00(60分) 
講師:コーディネーター 
満留 隆一 

◆セミナー⑥
インスタなんでも相談室
~今さら聞けないインスタのコト わちゃわちゃ相談室〜
日時:6月26日(金)
10:30~11:30(60分) 
講師:コーディネーター 
満留 隆一 



6月コロナにゃ負けんどセミナー(松田CO)
◆セミナー⑦
コロナにゃ負けんどセミナー
〜TAKE  OUT の写真を美味しそうに撮ろう!!〜 1.TAKE OUT 用の弁当の写真処理方法
2.インスタの編集機能を使う
3.アングル、角度、照明など
4.注文増の決め手は写真!! 日時:6月26日(金)14:00~15:00(60分) 
講師:コーディネーター 
松田 貴志 



◆セミナー⑧
インスタ中級編(事例紹介)
~ハッシュタグをうまく使って戦略を立てよう!!~ 日時: 6月30日 (火)
14:00~15:00(60分) 
講師:コーディネーター 
満留 隆一 

◇開催場所:WEB会議アプリ「ZOOM」を使用したオンラインセミナー 

◇受講対象 :個人事業主,中小企業,小規模事業者,創業予定者など

 ◇定員 :各回6名(先着順) 

◇受講条件
① インターネット接続,メール利用が可能であり,基本的な操作ができること
② スピーカー,マイク,ウェブカメラを備えた機器(PC・タブレット・スマホ)が  あること
③ PCの場合,Windows8以上のOSであること 

◇申込方法 :下記までメールでお申し込みください。 

〈お問合せ・申込先〉
鹿児島県よろず支援拠点(鹿児島市名山町9-1)
TEL:099-219-3740
FAX:099-223-7117
メール:yorozu@kisc.or.jp

|
本日、よろず新聞紙面版VOL.5、発刊致しました!
掲載にご協力頂いた事業者さん、支援機関さん、新聞設置先のみなさんに心より感謝致します!

本日は『よろず新聞VOL.5(紙面版)』の中からのご紹介♬

「鹿児島をリズム王国にしたいんです!!」
と大きな声と満面の笑みでうったえる【小川佳奈さん】の記事です。


DSC06357
小川佳奈さん スポーツリズムインストラクター  /  日本陸連公認ジュニアコーチ
TEL 090-5775-7407
Mail kana.ogawa0226@gmail.com

鹿児島で唯一のスポーツリズムトレーニング公認インストラクター小川佳奈さん。千葉県出身で3歳からピアノを習い始め、中学では吹奏楽でサックスを担当。中3の時に陸上部が新設された事をきっかけに音楽からスポーツの世界へ転身すると大きな大会で次々入賞を繰り返し、陸上の名門高校に推薦入学し、インター杯で6位の成績を収めた。陸上引退後の大学ではピアノで関東大会2位入賞。大手製薬会社へ就職し結婚するまでの5年間の営業職は「楽しくてたまらなかった!」と笑顔がこぼれる。201712月に夫の転勤で鹿児島へ引っ越した佳奈さんは空の青さに感動し鹿児島がすぐに大好きになったと話します。下の子が幼稚園にあがったタイミングで昨年8月に日本陸連公認ジュニアコーチ、翌月にリズムジャンプの基本指導を行うディフューザー資格を、更に12月にはディフューザー育成ができるインストラクターの資格を取得。今年の1月にはサッカー協会や県教育委員会、スポーツ施設や学校など周知活動に走り回り、自らのネットワークを使って大きなイベント企画も行いました。ずっとやってきた大好きな音楽とスポーツ。そのふたつのコラボ『スポーツリズム』との運命の出逢い。スポーツリズムトレーニングはリズム感を高める事で運動パフォーマンスを向上させる画期的なトレーニング方法であり、学習前の15分間行うことで、脳が刺激され学習効率を上げる事も期待できる。 

「リズム王国を作ってリズマーを増やしたい!」 

類稀な行動力と感性を持つ佳奈さんの目的はただ一つ。 

リズムを通して自信を育みたい。小さな自信が次の一歩に繋がる。 

そして自信は人生を変える。 

DSC06370
昨年の秋頃に新聞で見つけたよろず支援拠点の紹介記事。「補助金の事を教わりイベントちらしのデザインとプレスリリースの支援を受けました。」と語る佳奈さんの目が潤みます。一人で悩み踏ん張り走り続けてきた佳奈さんにとってよろずとの出逢いは人生を変えたと。
 

現在子供からプロのアスリートを対象に食とスポーツで健康支援を行っているKAGO食スポーツ』の中リズムトレーニングの動画を配信中。更に休校中の子供たちへ向けた勉強と運動のオンライン授業を提供しています。 

スポーツをリズムで捉える事ができるようになる最適な年齢5才~小学生頃までとのこと。「鹿児島をリズム王国に!」コロナ終息後には画面の中だけでなく、生の佳奈さんリズムに触れる機会がきっと子供たちにたくさん訪れるはず。 

リズムを変える。すべてが変わる。」 

鹿児島子供たちが佳奈さんのリズムに巻き込まれていくと共に、鹿児島の未来はリズミカルに輝きを増していくことでしょう。 

佳奈さんは地域のこども達に、自分たちで考えて発信する力をつけてほしい!という思いから新たな育成活動を開始しています。かごしまの子どもたちが、鹿児島を誇りに思い鹿児島の良いところを、動画で発信する、というもの。
これからの時代に【発信力】は是非強化したい教育ですね。

Instagram『#かごしまこどもプランナー』で検索してみてください。

鹿児島よろず新聞は、金融機関や公民館、図書館、ホール、各支援機関などに設置させて頂いてます。
見かけられた際は、是非、手に取ってご一読ください♬


|
Fotor_159003098960768


鹿児島県よろず支援拠点では『よろず新聞(紙面版)』を年に4回発行しております。

当拠点での支援事例や、事業者さんのオープン情報、新商品発売のご紹介などを掲載し、事業者さんの応援をさせて頂きながら、よろず支援拠点のことも知ってもらいたいと考えております。

事業者さんのことを知って頂いて
「こんなお店ができたんだ。」「この商品いいな!」
よろず支援拠点を知ってもらって
「こんな支援をやっているのか。」「一回行ってみようかな。」
と新聞をきっかけに皆さんとつながっていけたら・・広報担当としてこれ程嬉しいことはありません!

現在『よろず新聞(紙面版)』は金融機関や図書館、ホール、公民館、各支援機関など鹿児島市内の公共施設を中心に設置しており、各地域の施設へ設置先を拡大中です。
(わたしが取材の際に出向いた土地にて設置のお願いにうかがっております。「うちにも置いていいよ。」という方がいらっしゃいましたらご連絡ください。)

よろず支援拠点は
何度でも!無料で!経営相談ができる、何かでお困りの事業者さんをお支えしたいという各専門分野のプロ、熱い思いのコーディネーターの集まりです。

「よろずを知らない事業者さんは損している・・。みんなが関われたらいいのに・・。」
と常々思っていたため、広報担当募集の情報を目にしたとき、すぐに手をあげました。
実際に中に入り、外から見ていただけでは、これほどまでとはわかりませんでした。
チーフを中心にコーディネーターの方々のスキルの高さと人間性のすばらしさ。
みんな熱い!そして温かい。
「たくさんの事業者さんによろずと関わってほしい!」
という思いは日々一層強くなっています。

さて、よろず新聞新刊が来週月曜日に発刊されます!
新たに、支援機関紹介のコーナーも加わりました。

     『鹿児島よろず新聞 VOL.5』

どこかで見かけたときには是非手に取ってご一読ください。

またこちらのデジタル版では、紙面版でご紹介した事業者さんや、紙面版に載せられなかった事業者さん、各コーディネーターの素顔などもアップしていきます。

紙面版、デジタル版、そして何より【鹿児島県よろず支援拠点】を宜しくお願いします!

|
1
1


労働基準監督署への届出や申請もパソコンから「電子申請」が可能です!

今年度より時間外労働の上限規制が中小企業・小規模事業者へも適用となっております。

新型コロナウイルスの感染防止のため、届出等、労働基準監督署へ出向くことなく、電子政府の総合窓口【e―Gov(イーガブ)】からの電子申請のご利用をおすすめ致します。 ・時間外・休日労働に関する協定届(36協定届)
・就業規則の届出
・1年単位の変形労働時間制に関する協定届
・最低賃金の減額特例許可の申請などが手続き可能となっております。

e―Govのトップページに「e―Gov電子申請を初めて使う方へ」と、とてもわかりやすい使い方の説明画面がありますので、一度ご覧になり、今後の申請に是非お役立てください。

3

|
きばっど鹿児島記事


当拠点、松田コーディネーターが南日本新聞に掲載されました!

コロナにゃ負けんど1


『 「コロナに負けんど!」。鹿児島市のデザイナー、松田貴志さん(45)が、新型コロナウイルスの影響で苦境にある飲食店や企業へ向けてポスターを制作した。データは無料公開しており、「沈みがちな気持ちを高めてほしい」と話す。
 日の丸を背に、書家でもある松田さんの筆文字が踊るデザイン。英訳文も添え、迫力ある仕上がりになった。
 フェイスブックで4月13日に公開したところ「店に貼りたい」と県内外から反響があった。急きょA3判で1000枚印刷し、希望する小売店や医療機関に配布。薩摩川内市でも知人が自主的に印刷して配っており、街中で見かける機会が増えているという。
 建設資材の販売・レンタルを手掛ける仙台銘板鹿児島営業所(鹿児島市)は事務所の入り口などに4枚を掲示。長(おさ)晃一郎所長(43)は「手洗いを徹底するなど、従業員の感染対策への意識が高まった。営業先にも贈っている」と話す。

matsudaさん新聞写真

 自身の仕事も受注が減り、厳しい状況という松田さんは「いろいろ考えても仕方がない。心まで自粛しないよう、このピンチをみんなで乗り切りたい」と前向きに語る。
 画像データは松田さんのフェイスブックかホームページで入手できる。』
南日本新聞 5月3日
 きばっど鹿児島より


この厳しい状況の中で、一人ひとり、今できることをやる!

松田コーディネーターはロゴや名刺、ちらし、ポスター、看板パンフ・パッケージなど幅広くデザインについてのアドバイスを行っています!
デザインでお悩みの方は是非よろず支援拠点へご相談ください!

予約制となっておりますので、まずはお気軽に相談予約を。
お待ちしております!

電話 099-219-3740
メール yorozu@kisc.or.jp

|
IMG_20200424_220346_665


鹿児島県よろず支援拠点 新型コロナウイルスに関する土日対応相談窓口の解説について
(4月下旬〜5月)

鹿児島県よろず支援拠点では、新型コロナウイルスに起因する経営相談に対応することを目的として、引き続き、下記のとおり、土日対応相談窓口(祝日含む)を開設します。
ただし、コロナウイルス感染防止のため、原則、電話、メール、オンラインでの相談対応となります。
なお、電話、オンライン相談(※)を希望される場合は、事前予約制となりますので、下記、よろず支援拠点までご連絡ください。
※WEB会議アプリ「ZOOM」を利用したオンライン相談となります。 【土日対応相談窓口の開設日】
4月25日(土)
4月26日(日)
4月29日(水)昭和の日
5月2日(土)
5月3日(日)憲法記念日
5月4日(月)みどりの日
5月5日(火)こどもの日
5月6日(水)振替休日
5月9日(土)
5月10日(日)
5月16日(土)
5月17日(日)
5月23日(土)
5月24日(日)
5月30日(土)
5月31日(日) ※相談対応時間は全て8:30〜17:15となります。 〈留意事項〉 
電話・メール・オンラインでの相談対応になりますので、ご来所はお控えください。 〈お問合せ・相談申込先〉
鹿児島県よろず支援拠点
(鹿児島市名山町9−1
県産業会館1階)
TEL : 099-219-3740
FAX : 099-223-7117
メール : yorozu@kisc.or.jp

|
日頃からよろず支援拠点をご利用頂きありがとうございます。

昨日、対象地域が全国に拡大されました緊急事態宣言に関連しまして、全てのよろず支援拠点において対面での相談対応ができなくなりました。
つきましては、5月7日まで「電話」「メール」「テレビ電話」等による対応のみとさせて頂きます。

サテライトや出張なども全て停止になり、土日も電話、メール等での対応になります。

コロナウイルスの影響でご不安を抱える事業者の皆様がたくさんいらっしゃると思います。
「電話」「メール」「テレビ電話」にて各種経営相談を承っておりますので引き続きご活用ください。
「電話」「テレビ電話」につきましては予約制となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

鹿児島よろず支援拠点
TEL:099-219-3740
メール:yorozu@kisc.or.jp

|


IMG_20200414_083051_458




正しい情報を得ることがとても重要です!

今、いろんな情報が飛び交って何が正しいのかわからないという事業者様が多く相談に来られます。

LINEにて経済産業省の新型コロナウィルス関連の事業者向け支援メニューを紹介するサービスが始まってます。

最新情報をLINEにて受け取れますのでぜひ登録することをおすすめします!

▼経済産業省 新型コロナ 事業者サポート

ページの先頭へ戻る